泣き相撲

奉納 泣き相撲

 泣き相撲は「成長を祈願する神事」として執り行われております。神様の前で 大きな声で泣くことにより、より一層神のご加護と健康を祈願する行事として古 来より日本各地で行われておりました。野見神社の御祭神である「野見宿禰」 は日本で初めて相撲を行った神として祀 られております。

と き   4月29日(昭和の日)
年齢   生後六ヵ月から 三歳ぐらいまで
泣き相撲の申込は4月20日までにお願いいたします

奉納泣き相撲 参加要領

場 所  野見神社 境内にて

と き  4月29日 昭和の日 午前10時から午後5時まで

取り組み  集合、受付

      本殿にて御祈祷 15分程度

      泣き相撲開始  60分程度(取り組みは3分程度)

      取り組み終了 着替

  • 午前10時から午後1時まで
  • 午後1時から午後5時まで

 取り組み時間の希望(1部、2部)はお伺いしますが、ご希望に添えないこともございます。

参加料  1名7000円 当日お納め下さい

申し込み 4月20日まで、後日集合時間など連絡いたします。

     社務所、メールにて受付

     (名前、ふりがな、住所、電話番号、生年月日、四股名)

衣 装  上半身裸で腹掛けとはちまきをしていただきます。

     体調などにより肌着を着用されても結構です。

四股名  当日四股名(しこな)で取り組みを行います。申込時にご記入ください。

     参考(男児)○○富士、○○丸、○○山、貴○○

       (女児)○○姫、○○桜、○○娘、花○○

諸注意  ・当日神社の駐車場利用できませんので、隣接する駐車場等をご利用下さい

         ・緊急事態等で急遽中止することがございます。ご了承ください。

         ・当日体調の優れない方、体温の高い方は参加できません。

         ・体調不良により参加されない場合は開始時間1時間前までに電話でご連絡ください。