泣き相撲

奉納 泣き相撲

 泣き相撲は「成長を祈願する神事」として執り行われております。神様の前で 大きな声で泣くことにより、より一層神のご加護と健康を祈願する行事として古 来より日本各地で行われておりました。野見神社の御祭神である「野見宿禰」 は日本で初めて相撲を行った神として祀 られております。

と き   4月29日(昭和の日)
年齢   生後六ヵ月から 二歳ぐらいまで
詳細はホームページで案内いたします。